2016年01月28日

COMITIA115 頒布物のご案内

大変すれすれになってしまいましたが、COMITIA115のお知らせです。

まずは予定していた新刊こと、「写し絵たち」(「長い昼日向の終わり」続編)ですが、諸般の事情により発行を延期いたします。COMITIA114でも発行を延期したので大変心苦しいのですがご理解ください…。
5月の文フリでは発行出来る見込みです。のんびりお待ち頂けたら有り難いです。
というわけで新刊はないのですが、今回は寄稿させていただいたのでそちらのお知らせをしますね。

banner.png

●「短篇集 サリーとアンの秘密」
光栄にもLittle Curlyさまのご本に寄稿させて頂きました!
「サリーとアンの秘密」はサリーとアンという、名前だけが同じ女の子二人が登場する作品を集めた短編集です。
女の子二人の精神的な結びつきがさまざまな形でつづられています。

お話ひとつひとつに繋がりはなく、雰囲気もばらばらですが、名前が同じというだけで作品間のつながりをなんとなく意識してしまう、不思議な読書体験が出来る一冊だと思います〜
ぜひぜひお手に取ってみてください!
ちなみにわたしは「ビー玉、靴擦れ、ソーダ水」というお話を寄稿しました。
女子高生のアンと、その少し変わった友人サリーのお話です。読んで頂けたら嬉しいです!

2016-01-27 20.38.46.jpg

ちゃっかりフライヤーも作りました。スペースで配布しますのでぜひお持ちください!

それから本以外では、新しく栞を作りました。


片面がアリエナ、もう片面がキセニアのデザインです。両面マットPPなのでさらさらの手触りになっています。
こちらもスペースで配布しますので、ぜひ栞だけでももらいにきてくださいませ…!
ちなみにですが、こちらの栞、元々よしたかさんに作って頂いたアクリルフィギュアの素材を使用して作成したものでした。アクリルフィギュアはこんな感じです。↓





ご覧の通り、めちゃくちゃうつくしい一品です…。
こちらは頒布はしないのですが、スペースに飾っておきますのでぜひ見にいらしてください。

そして本題、頒布物一覧ですが、COMITIA114と同じラインナップとなっております。
(タイトルクリックで特設ページに飛びます)

長い昼日向の終わり
箱庭に雨は降らない
Bless you
星は海にかえす
(※ Bless youは卓上には出さない予定ですが、お気軽にお尋ねください)

なお、たびたびアナウンスしておりますように、「箱庭に雨は降らない」は今回が最後の頒布となります。
未読の方はぜひお手に取っていただけたら嬉しいです。
無料配布まわりをまとめると、「サリーとアンの秘密」と「長い昼日向の終わり」のフライヤー、それに「長い昼日向の終わり」の栞を用意してます。お気軽にお持ちください。

最後にスペースのおさらいです。
フロッケリプカは【と02a】にスペースを頂いております。
当日は前回のコミティア同様「長い昼日向の終わり」の大きなポスターを飾っている予定ですので、それを目印にスペースまで遊びに来てくださいませ。お待ちしております!
posted by 市井 at 13:30| Comment(0) | 雑記

2016年01月09日

「春告鳥の鳴かない庭で」収録作品の一部がWebで公開されました

大変遅ればせながらですが、あけましておめでとうございます。
今年もフロッケリプカをよろしくお願いいたします。

さて、ブログのタイトルにもありますように、Little Curlyさま主催の「箱庭に雨は降らない」アンソロジーこと、「春告鳥の鳴かない庭で」の掲載作品の一部がWebで公開されています。

公開されたのは、アンソロ主催の詠野氏の作品三編+わたしが寄稿した作品一編です。

「For You」/「よみの」の小説 [pixiv]
ミゼルカで違法に機械人形を作った男、シモンと、彼が作り出した機械人形カタンのお話です。

あなたのために」/「よみの」の小説 [pixiv]
「For You」の続編です。ぜひ続けてお読みください!

「My Dear Daughter」/「よみの」の小説 [pixiv]
ミゼルカの片隅でひっそりと暮らした、ある母娘のお話です。

「箱庭〜」の主役はマリーやダニエルですが、アンソロではこうしてミゼルカの住人を殖やしてもらえて、よりお話に奥行きが出たように思います。有り難いことです…!
というわけで、詠野氏の作品は三編ともつよくおすすめいたします。アンソロを入手されていない方はこの機会にぜひお読み頂ければと!
逃れられない死の病が蔓延したミゼルカで、それでも確かに生きていた彼らの物語を、ぜひ辿ってみてください。
ついでにわたしが寄稿したお話も読んで頂けたら嬉しいです。

「天国への行きかた」/「市井」の小説 [pixiv]
口を利くことができない機械人形ソロルに恋した少女のお話です。

● 「箱庭〜」通販につきまして
架空ストアさまにて委託通販を行っていました「箱庭」ですが、かねてからの告知通り先日在庫の引き取りを行いました。通販をご利用頂いた方々、改めてありがとうございました!
引き上げた在庫は月末のコミティア115にて頒布いたします。残部は僅かですので、「箱庭〜」未読の方はこの機会にぜひ手に取って頂けたらと思います。
posted by 市井 at 00:06| Comment(0) | お知らせ